リレンザは安心して使えますか?

リレンザというインフルエンザの薬を知っていますか?タミフルは有名ですがリレンザはタミフルほど有名ではないかもしれません。しかし、その効果や副作用はどんなものか知っておくべきです。当サイトを参考にしてみてください。

解熱後や微熱を考慮しながらリレンザを投与します

インフルエンザに罹ると、リレンザを投与する医師が多くなりました。以前はタミフルを投与していましたが、5日間を1日2回1回1カプセル服用しなければならなかったため、飲み忘れが多かったのです。一方で、リレンザは1回で2吸入すればいいだけですので、非常に便利です。インフルエンザの患者さんは隔離室で、薬剤師からリレンザの飲み方を教わります。その場で飲むことがほとんどですので、患者さんにとっても助かります。中身は白い粉のため、たまに咽る方がいます。あくまでも咽頭部におけるインフルエンザウイルスの増殖を抑えるためのものであり、治すわけではないです。また10歳未満には使用できません。
さて、インフルエンザの有無を検査試薬で確認できます。有無にかかわらず、微熱でもウイルスが体内にいることがあります。解熱後でもそのようなことが言えます。ですから解熱後だから安心はできません。解熱後2日間なにもなかったらウイルスは死滅したと理解してくだされればけっこうです。ですから学校保健法では、インフルエンザに罹って5日経過し、かつ熱が下がってから2日間経っていれば登校できます。
微熱の場合は風邪ということもありますので、そのへんは医療機関でしっかり検査をけましょう。微熱から症状は始まるのがほとんどですので、何か少し熱があるかなと、思ったら自分で判断せずに診てもらう方が自分も安心しますし、家族や職場に迷惑をかけずにすみます。
リレンザはたしかに飲み方が便利で効果もありますが、副作用にも注意をしましょう。特に10代は、幻覚症状があったりしますので、飲んですぐに、ふらつきや喉の渇きもあったら医師や薬剤師に連絡してください。薬が合わないということもありえます。