リレンザは安心して使えますか?

リレンザというインフルエンザの薬を知っていますか?タミフルは有名ですがリレンザはタミフルほど有名ではないかもしれません。しかし、その効果や副作用はどんなものか知っておくべきです。当サイトを参考にしてみてください。

喉の痛みを感じたらリレンザや八王子予防接種で対策を

冬になると日本ではインフルエンザ感染が広がっていきます。
厚生労働省でも警告の意味で、感染マップなどをネット上で発表し注意喚起するようになっています。
しかし日本の冬は非常に寒いために、多くの人の免疫力が低下します。
そのため感染マップなどを見て注意していても、不意にインフルエンザウィルスが弱った体に進入してしまうことがあります。
感染すると喉の痛みや違和感を感じることがあります。
多くの人は一般的な風邪であると自己判断しがちですが、11月から2月の間は迷わずインフルエンザ感染を疑い予防対策を講じることが大事です。
喉の痛みを感じたときや、家族や周囲にインフルエンザ感染者がいる場合は医療機関で相談してリレンザやタミフルを処方してもらうのも良いでしょう。
高齢者や子供で感染の疑いが強い場合は医師はリレンザを処方してくれ、潜伏期間の48時間以内に吸入することができます。
肺にリレンザの粉末薬が充満すると、インフルエンザウィルスの増殖は抑制され、発熱などの症状も見られずに治る事があります。
しかしインフルエンザは対処療法よりも、予防が何よりも大事だと言われています。
八王子予防接種に代表されるように、インフルエンザ流行のピーク前の9月や10月に八王子予防接種を受けることが大事です。
八王子予防接種では高齢者や子供など、インフルエンザ感染で重篤化しやすい人から優先的に予防接種できるようになっています。
自治体も補助金を出しており非常に安く予防接種を受けることができるようになっています。
ただ予防接種の際には健康であることが大前提であり、喉の痛みや発熱が見られる際には予防接種を受けることができません。
元気で体調が良い時に予防接種を受けることが大事です。