リレンザは安心して使えますか?

リレンザというインフルエンザの薬を知っていますか?タミフルは有名ですがリレンザはタミフルほど有名ではないかもしれません。しかし、その効果や副作用はどんなものか知っておくべきです。当サイトを参考にしてみてください。

リレンザ使用もインフルは遷る?病欠に診断書は必要?

インフルエンザの治療薬の一つであるリレンザ。

タミフルやイナビル同様抗インフルエンザウイルス薬であり、高熱の期間を短くする効果があることでインフルエンザ治療の一役を担っています。

インフルエンザとは元来、咳などの症状が他の風邪と比べて乏しく、ただ高熱が1週間程度つづく風邪として認識されていましたが、リレンザなどの登場により、辛い発熱期間が短くなることで体力消耗も以前に比べて少なくなり、軽い症状で終える人も増えてきました。インフルエンザワクチンも、インフルエンザがうつることは予防できませんが、症状を軽くする効果が認められていますので、ワクチンの普及も発病期間短縮につながっています。

ただ、それに伴い、学校保健法に定められる出席停止期間の設定も変わりました。

以前は解熱後平熱が丸2日続くこと、がルールでしたが、現在は
「発症後5日以上を経過し、かつ解熱後2日間までは出席停止。
乳幼児については発症後5日を経過し、かつ解熱後3日間まで出席停止」
へと変更になりました。

リレンザなどの服用により、早い人では発熱から1-2日で解熱してしまうということもありますが、たとえ熱が下がっても発症から一定期間はウイルスの排出があるためにまだ他人にうつる、というのが理由です。

特に集団生活を送っていない乳幼児に関しては、保護者などに「どのくらいの期間他人にうつるのか」をきちんと知ってもらう必要があるでしょう。
他の風邪のように熱が下がって元気だから、と知らずに早々に公共の場に出てしまうことで他人へ感染させてしまうことが懸念されます。

学校や特に会社に公欠であることを証明するために診断書の提出を求められることもあるでしょう。
診断書は自費になるため、クリニック・病院ごとに設定金額は異なり、価格も2000-5000円とバラバラです。無駄な出費を防ぐためにもまずは診断書が必要かの確認が必要でしょう。