リレンザは安心して使えますか?

リレンザというインフルエンザの薬を知っていますか?タミフルは有名ですがリレンザはタミフルほど有名ではないかもしれません。しかし、その効果や副作用はどんなものか知っておくべきです。当サイトを参考にしてみてください。

リレンザVSタミフル

抗インフルエンザ治療薬には幾つかの種類がありますが、よく知られているリレンザとタミフルの特徴についてご紹介しましょう。
リレンザは、A型・B型インフルエンザに効果がある吸入薬で、専用の吸入器で1日2回、5日間にわたって吸引します。インフルエンザウイルスは喉や気管支などの粘膜で増殖するので、薬剤を気道に直接届けるリレンザは即効性があります。最初の1回は、なるべく早く吸入することが勧められており、処方されて受け取ったらその場で吸引します。成分が体内に吸収されることがないため、副作用は少ないのですが、下痢・発疹・吐き気などが現れることがあります。
タミフルは、最も一般的な治療薬で、1日2回、5日間内服します。A型・B型インフルエンザに効果があり、ウイルスの増殖を防ぎます。症状が出始めてから48時間以内の服用が効果的で、48時間を超えると効果が極端に少なくなります。副作用による異常行動が問題になりましたが、インフルエンザによる脳炎・脳症でも異常行動が出るため、タミフルによるものかどうかの判別が難しいのが実状です。
いずれも、ウイルスの増殖を抑える効果がありますが、感染から48時間以内の服用が必要です。発熱期間が短縮されるので、子どもや高齢者、免疫力の低下している人には、インフルエンザの重症化を防ぐための重要な薬です。
子どもがリレンザを吸引する場合には、薬剤を吸い切るために2~3回吸引させますが、適切に吸引できない幼児などにはタミフルが処方されます。リレンザは、予防にも使えるのが特徴です。家族がインフルエンザにかかった場合には、治療と同様5日間吸引すると二次感染を防ぎ、もし感染しても症状をできるだけ抑えることができます。